Setouchi triennale 2016

2016.11.28.


 今月上旬、終了直前の瀬戸内国際芸術祭in男木島へ行ってきました。秋晴れの中優しい海風に吹かれながら、芸術について自分について考える時間を与えてもらいました。
 そ し て、早くも師走がやってきます。

Festival season

2016.10.16.


 

Creative capacity of children

2016.9.7.


 今までは偉大な芸術家がこどもの創造性に感化されたという発言を聞く度に、正直どこか納得できない自分がいました。「幼い表現」として捉えていたり、成長と共に大きな可能性があるからだろうと考えたりしていました。が、それは全く違う見解でした。
 技術や経験を超えた「生きた創造の泉」を子どもたちは誰しも持ち合わせているのです。自分に子どもができてから、アトリエでおとな・こども絵画教室を開き、高校生や2・3歳児にも教えられる機会を与えてもらい、ここ数年美術を通していろんな世代と関わったことでその答えがでてきました。
 教える立場としては幼児期の造形教育は美術科教育の底辺にあるものではなく、別の枠組みで考えるべきなのだということでした。それから幼児や発達心理学に関する書物を読み、実践で試み、子どもたちの無限な創造力を目の前にし、反省し、次の内容を考える。この繰り返しで学ばせてもらっています。
 そして、この繰り返しが普段の創作活動にもかなり影響を及ぼし、子どもたちが表現したものを目にすると作家の自分がちっぽけでならない時があります。まだまだ教える経験が浅く、自分の表現にもうまく生かせていませんが、子どもたちの想像と創造にいつもアンテナを張っていたいなと思いました。

Seto inland sea

2016.8.10.


 育児に専念しつつ日々の制作に励んでいたら、いろんなところから声をかけていただき、いつの間にか締めきりやらに追われる日々を送っていました。それと同時に七転八倒の精神でコンペに挑戦していますが、少し煮詰まり瀬戸内の島へ。海が風と共に不必要な感情を取り除いてくれます。
 「今日も暑いですね〜。」が毎日の挨拶になり、気づいたらお盆が近づいています。夏になると「シベリアシリーズ」を考えますが、今年は去年から少しずつ取り組んできた木彫を完成したいです。

Gohyakurakan

2016.7.24.


Morning training

2016.6.3.


 学生時代を思い出して制作前に"Morning training 朝練"をし始め3ヶ月になりました。子どもの病院通いと重なる時はできませんが、どうにかこうにか続いています。なんとなくInstagramにあげていたら美大生時代の友人とつながり、励まされ・・・空間や時間を超えて一緒にいる気がして嬉しいです。みんな全国各地に散らばっているのでなおさらです。そして、ドイツ時代の友人とも。なかなか会えなくても近い感じが切なくもあり、たまらなく愛おしいです。 

Face myself !!

2016.5.19.


 作家活動をはじめて10年、有り難いことに毎年途切れることなく「展覧会」という節目があり、それに全身全霊をかけて制作してきました。産休ということもありますが、ここ最近は展覧会の予定が入っていません。それは「一つの焦り」になりますが、考えようによっては「一つのチャンス」になります。正直焦る自分もいますが、後者を選んでもっと作品を深めたいと思います。「私は何のために描いているのか?」ということにもう一度向き合う時間をもらったと思って、現実に負けないよう取り組んでいきたいです。

Sakura

2016.4.6.


いつの間にか桜が満開になっていました。目が覚めるような白さを放ち舞っていく様は、まるで人の命のよう。突然のお別れが重なり、今年の桜はとても切なく映りました。

Morning training

2016.3.1.


 一日早産になってしまいましたが、無事元気な女の子が産まれました。温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。私は着々と回復しております。
 出産と同時にやはりどこかこれまでの感性が変わった・・・気がしています。それを研がなくてはと思い「Morning training朝練」を始めることにしました。作品に取り組む前の準備体操、筆馴らしというかアイデア探しのようなものです。これはinstagramでアップしていこうと思います。


川田一一 作

I'll take maternity leave between February and September 2016

2016.1.26.


 誠に勝手ではありますが、産休のため2016年2月から9月までの間、絵画教室をお休みさせていただきます。その他のお問い合わせにつきましては、メールにてご対応させていただきますのでよろしくお願いいたします。
 暫く大作に取り組むことができませんが、自分の表現の幅を広げるためにとにかくいろんなものを描いて作っていこうと思います。

A HAPPY NEW YEAR !!!

2016.1.5.


 新年あけましておめでとうございます!!
 昨年は「戦後70周年」という節目に祖父との二人展を開催していただき、数多くの戦争体験者にお話をお聞きすることができました。辛い経験を乗り越えた方々の眼差しは強さと優しさに溢れ、人はこんなにも奥深くなれるのかとただただ感動したのを覚えています。その方々に教えていただいた強さと優しさをもって、今年は「何事にも前向きに!」過ごしていきたいです。
 そして何よりも、皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。今年も何卒よろしくお願いいたします。