In August

2018.8.20.


 今年も8月23日に国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑で「シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」が行われます。毎年家で黙祷していますが、いつか祖父の思いを持って参列してみたいです。
 今夏は「シベリアシリーズ」に関する作品は制作できませんでした。毎年と思いつつも2年に1度のペースになってきています。抑留経験者からのお話を聞く機会が減り、新聞やテレビからの情報を気にして見るようにしています。戦後70年を過ぎてからここ数年は、これまでずっと隠されていた出来事が多く取り上げられているような印象を受けます。劣悪な環境の中で人々はどう乗り越えてきたのか、その中で人の多様な面を知り「人間」というものを学ばせてもらっています。そして「どう後世に継ないでいくか」ということがこれからの大きな課題だということも。それは自分の課題としても考えています。

Marine life

2018.7.5.


 本物を見ることは大切だなとつくづく思う。目の前にして見ることで、触感や匂いや怖ささえも感じられる。鈍っている身体中の感覚が蘇る。もっともっと外に出ないとなあと思った。

Artist books 

2018.6.26.


 刺激が欲しくて手にする画集が溜まっていく。

My exhibition archives

2018.5.23.


 ホームページ内に「展覧会の記録ページ」を作成しました。これまでの自分の作家活動を振り返るいい機会になりました。この数年は制作とコンペティション中心の活動になりますが、いつかの展覧会で発表できればと思います。

My third child

2018.4.14.


 誕生後約1ヶ月の入院がありましたが、無事赤ちゃんが帰って来てくれました。家族が増え、新生活のはじまりです。産まれ方にしてもその子の個性があり、予想外のことがあり、親になっていろんな経験をさせてもらっています。少しは肝っ玉母ちゃんになれているかなと思っていましたが、まだまだ小心者だと実感しました。今回も家族をはじめ、友人にはたくさん心配をかけました。いつも支えてくれて本当にありがとうございます。

Plum blossom

2018.3.8.


 春の風が梅の木の目を覚ませているのでしょうか。梅の花が声を合わせたように一気に咲いていきます。春のエネルギーをもらいます。
 私のお腹はみるみるうちに大きくなり、今日から臨月に入ります。教室は予定通り休みに入りました。これからはペースを落として、期限がある制作や企画書作成に集中します。遠く離れたクリエイターの友人たちも母親をしつつ制作に励んでいます。その様子を伺ったり、話をすると本当に励みになります。いかなる時も制作すると、二度と作れないものができることもあるので面白いです。「今」を見つめたいです。

Personal perspective

2018.2.6.


 私生活でも教室でも幼児と会話をすることが一段と多くなりました。耳を澄ませて聞いていると思わぬ視線から見た感性に出会うことがあります。そんな言葉を耳にした時は「はっ」と目が覚めます。私ももっと感性を研ぎ澄ませておかないといけません。

2018 starts !!!

2018.1.16.


 大変遅くなりましたが、新年もどうぞよろしくお願いいたします。
 年末には、ベルリンの友人がはるばる遊びに来てくれました。短い間でしたが、たくさん刺激をもらいました。またいつか海外進出ができるよう制作に励もう!と改めて新年の決意。早速制作も教室も始まり、アトリエが普段通りに賑やかになっています。今年もクリエイティブでもってクリエイティブな人たちともっともっと繋がりたいなと願っています。
 と言いつつも、私事で大変恐縮ですが3月9日から3ヶ月間、産休のため教室をお休みさせていただきます。またご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、できる限り早めに復帰できるようにしていきたいと思います。現在の復帰予定は6月8日を予定しております。多少前後する場合があるかもしれませんが、その際はまたお知らせいたします