To learn deeply

2019.4.12.


 新年度が始まり、今日からアトリエの教室も始まります。進級した生徒、これから新しく入る生徒とこの一年間どんな課題に取り組もうかと楽しみに考える日々です。そして、5年ぶりに高校で美術講師を復帰することになりました。
 美術を通して幼児、小学生、中学生、高校生、大人とこんなに多くの方に出会う機会を与えてもらい嬉しい限りです。その分、しっかりと美術の良さや大切さを伝えていけたらなと思います。そのためにも、自分の表現をしながらも世の中のこと、世界のことをもっと深く学んでいかないとなと毎年の目標を掲げます。

To Hitsuishi Island

2019.3.7.


 少し前の話になりますが、県指定無形民俗文化財「櫃石島ももて祭」を見に行きました。伝統を守ること、引き継ぐことの大切さを教えてもらえた気がします。竹と松で作られた矢は、一手は本矢を使い、それからはまっすぐとは限らない自然の竹で作られた矢で的を狙います。「先が五角になっているのでどこへ飛んでいってもいいんだよ。福があるよ。」と地元の方が矢を持たせてくれました。昔からのその考え方から多く学ぶものがあるなと思いました。

The earthenware

2019.1.14.


 新年もよろしくお願いいたします。去年に引き続き、人と出会う機会が多くなるかと思うので常に「ご縁」を大切にして、今年もクリエイティブに過ごしたいと思っています。
 母校さぬき市立石田小学校がもうすぐ閉校します。先日、見学会に行ってきました。卒業制作で作った土器を持って帰りました。藁で焼いた風景を思い出します。母校がなくなるのは本当に寂しいものです。10年ほど前に寄贈した絵「祈り(ずれ)」は、新しくできる寒川小学校に飾られるみたいです。有り難いことです。子どもたちの刺激になるような作家、講師になれるよう励んでいきたいです。